こんばんは( ^ω^)やる夫です。

↑実況者やブロガーはこんな一行を入れてますがなんのまじないでしょうか?

もしかしてビジネスでいういきなり本題に入らず世間話でほぐす的なアレでしょうか?

( ^ω^;)私生活では仕事から極力離れたいが・・・

さてさて私は情報をメンバー外にあまり開示したりするのは好きな方ではないのですが

バカスカ動画を開示しても明星杯を優勝したクラチャンさんを見ていると最終的にはあまり

関係ないのかなぁと思っています。

自分の配置やとっておきは出したりはしませんけど、いいネタはもっと開示していこうと思います。

さてさて今回は大分浸透していますが

うちが山籠り中に徹底させた小型爆弾の外置きによる

8f2791ff.png


ウォールブレイカー対策!

これから行ってみましょう

まずレベル6の小型爆弾であればウォールブレイカーを潰せます。

設置は壁から2or3マス離して設置

28d74222.png

緑丸はミスなので気にしないでください。

6個あるので相手が攻めてきそうなところを予測して設置すれば6コース潰せるわけです。

これによりあまり活用方法が無かった小型爆弾が一気に劇的変化!

ゴーレムに踏まれる可能性もありますが、ゴーレムにターゲットを取らせてフリーエリアからウォールブレイカー投下というパターンも結構多いのでかなりの率で踏んでくれます。

相手の初期動作混乱、ウォールブレイカー潰しとして外のトラップは小型爆弾に任せて

その分浮いたバネを中に全てしまい

裏の詰めやサージカルで来るホグ対策へ回しています。

実に合理的!

ちなみに明星杯では結構な相手がこれをやってきており、最終戦のガレットさんとの一戦ではほぼ全員がやっていたでしょうか

このレベルになると4体のウォールブレイカーをあらかじめ用意して攻めてきたりと

もう会話をしなくてもそっちも分かってるな的な感じでした( ^ω^;)

これは劇的に防衛レベルが変わるのでメンバー全員一気に切り替えることをオススメします。

こういった小さなことの積み重ねがとても大切です。