少し前はブラック企業の立て直しでホテルに寝に帰るだけの生活をしていましたが

刑期を終え

今や所変わって

南国で昼まで飲み食いしてダラダラ、日が沈んでから夜な夜な遊びまわる生活をしています。

78f0d368.jpg


※一応リーダーやらせてもらってます(^q^)

いやはや本当に南国は危険

日本にはないダラダラ感がうつるというか、この解放感

思えば私が群馬帝国を去ったのも南国で遊び狂ったのがきっかけでした。(マジで)

今回もそれに似た感じがありましたが、メンバーとの一部やりとりで真面目モードに戻れました。

( ^ω^;)実に危なかった。

ただ、こういった経験もクラン経営には必要と思っています。

一つの定義があり

学生リーダーと社会人リーダーがいたとして

どちらがいいクランを作れるでしょうか?

みなさんどう思います?

私は後者と思います。

まず条件としては学生リーダーの方が圧倒的に時間軸で有利です。

時間による利を使えばブログ、実況、ツイッター全てを管理出来

各ジャンルでno1を取ることも可能と思います。

しかし、それを出来ている人材は今の所いないと思います。

何故か?

良くも悪くも人生経験の差

おっさん達には時間が無いが社会生活の中での経験値(ノウハウ)があります。

こうやれば上手くいくというのを社会生活を通し良く理解しているのです。

したたかさだったり大人の汚い世界の産物も当然含まれます。

学生をやってるだけでは経験出来ない差と思います。

時間軸の有利と書きましたが、経験の差は時に10年に及ぶ訳ですからね

よって今回も全てはリーダーとしての徳を上げる為の行為なのだ!


企業の立て直しで学んだことは

各員とのコミニケーションの重要性

現場作業の改善でしたが、とにかく色んな作業員達と話をしました。

最初はこいつ誰や的な感じでしたが徐々に打ち解け、これを変えて欲しいあれを変えて欲しい

色々ネタが出てきます。

改善は別として

まずは話を聞くことでメンバーと打ち解けることって凄い大切と思いました。

そのうち各員が色んないい情報を持ってきてくれるようになります。

あとはよく話すメンバーもいれば全く話さず何を考えてるかわからないメンバーも中にはいるもんです。

しかし後者が面白いネタを持っている可能性もあるのでこういった点を逃したくないですね

後者は突然爆発する傾向化にあるので未然に防ぐことも兼ねます。

いるじゃないですか、答えが分かってても先生に当てられるまで答えない生徒

私です(^q^)

それをいかに上手く引き出すかが今求められる技量といったところでしょうか


次は南国で学んだこと

相変わらずオカマがマジ可愛い点と

中国人ギャルがかなり可愛いということ・・・

悔やまれるのは言語の壁、本当にOSじゃないが言語が統一されていないことが悔やまれます。

異国の地で思ったのはとにかく挑戦してみることですかね

チャレンジ精神

ここでは書けませんがかなりアホなこともやってます。

しかし失敗してもその経験が蓄積され

次はこうしようとなります。

世間一般で言うPDCA回路です。

ただ、この回路圧倒的にD部分が不足する傾向化にあります。

計画とチェックは割と皆が出来ますが

行動がどうしても不足するんですよね

明日やろうとか人間楽な方向に流れるので

纏まりがありませんが

①各員とのコミニケーション

②新しいことのへのチャレンジと修正


これを念頭に進めます。

特に②は重視しており、チャレンジもするがダメなら辞める判断も素早く行きます。

修正の速さで船を少し揺らすこともありますが振り落とされないようお願いします( ^ω^)