超絶技巧始まって以来の大物、戦歴90勝とやり合うことになりました。

7aae8c23.jpg

 
えーと、うちのクランまだ8戦目だよね?( ^ω^;)
 
相手のプロフィールを分析したところ、相手はほぼドラゴンラッシュ一択と思えたので
総員へ対空強化の指示を出し、援軍についても対ドラゴン仕様へ切り替えクラン戦に臨みます。
 
初っ端から相手のドラゴンラッシュが一気に来るかと思ったら
 
先手を切ったのは我がクランの若手エース
 
いきなり格上に☆3をゲット
 
あなたは本当にTH7ですか?と言いたくなる大胆さとテクニック
 
明らかに枠を超えている。
 
これには俺も度肝を抜かれた。
 
まさに奇襲!


3c5752ba.jpg

 
試合直後に山王にアリウープを決めた桜木を彷彿させる出来でした。
 
相手も間違いなくこの相手は一味違うと思ったことでしょう!
 
その後はお互いにドラゴンラッシュの応酬で下位の村から壊滅し、お互いTH8にて取りこぼしが
少しある似たような展開となりました。
 
そろそろ上位への攻めとなったとき、TH9、10に関しては☆2でいいかなぁと思っていましたが、
「クラン員から☆3どれか取りましょう」とのコメントを見て気合が入る。
 
結果は
 
相手No3はうちのNo1が見事処理



敵の配置に関しては、過去によく見てきた配置です。

幅を広く取る配置で、TH8のホグしか戦法が無い時は敬遠していた配置

このタイプはgowiwiが非常に有効ですね
特にペッカとネクロがいい動きをする配置と感じます。
 
う~ん、お見事!

最初のウィザードの展開が早い所はipadで指2本駆使しているそうです。

やはり出来る男は所持していたか( ^ω^)
 
そしてNo4は私が処理
 


敵の配置はヒーローが外におり、TH8の時によく処理してきたパターンなので
援軍をペッカにして、先に両ヒーロー処理からのホグラッシュ展開方式
 
援軍処理はウィザードが1体多かった。
ドラゴンの羽がバタつきウィザードが1体残ってるのが見辛かったのが原因
 
大型爆弾の処理は綺麗に入りまずまずの内容
ペッカにヒーロー処理兼クロスボウの攻撃引き付けは見込み通り
 
ペッカの後ろにウィザードを1体補助で付けましたが、やはり相性がいいようで悪い
 
ペッカの攻撃にウィザードが後追いして施設破壊出来ていますが、
よく見るとその後にペッカが更に攻撃して空振り・・・
 
356d1535.jpg


あっし、ペッカさんとだけは餅つきしたくないっす。
 
孤高のペッカ、彼に合う友達(ユニット)を探してあげねば

まぁ、ヒーロー処理には上手くサポート出来ていたので1体位がちょうどいいでしょうか
 
前回の失敗を教訓にマルチタスクは極力避け、ペッカ投入後は
ホグの動きのみに集中、後は残ったユニットでホグをサポートし完結
 
レベル5のホグにしましたが、やはり持ちが断然にいい
レベルは低いが敵のアーチャー塔を一体で壊しているシーンもあり、いいデータが取れました。
 
今まではスポット投入していましたが、分散処理と幅広くいけそうな感じです。
 
 
さて、その後はやられた相手No3がうちのNo1にリベンジしに来ました。
 

相手の中で彼一人だけがドラゴンラッシュではなくホグラッシュで来ました。
 
まずはセオリー通り援軍釣り出しに入る彼ですが
 
開けてびっくり
 
対ドラゴン攪乱用の秘策として入れておいたネクロ2体+アーチャー6体が展開
 
ファッ?!!

 
まさかのネクロ登場にパニックになったのか
 
援軍処理用に持っていたアーチャーで髑髏ちゃん達とまさかの押し相撲を展開

keikaku

くくく、まんまと罠に掛かったで(ゲス顔にて観戦)



 
ネクロの処理は髑髏では無く先にネクロ本体を引き寄せて叩く必要があります。
 
まずはガスの元栓を閉めないといかん訳です。
 
そこを彼は火消しに走りました。

結局、ババキン、アーチャークイーンまで投入しますが、火は広まり更に大火事
 
髑髏の無限地獄で死のワルツを踊ることになりました。
 
おーもったいな
 
その後、36体ものホグを投入するもほぼ残っていた援軍効果もあり全て討死に☆0で終焉

援軍でドラゴンを持っていたようなので処理の際に投入すれば良かったと思います

まぁ、90勝位であればこれ位の知識はあってもいいと思うのですがねぇ・・・

やはり連戦クランは精度に甘さがあることを改めて実感しました。

何れにしろ上位プレイヤーでも判断を誤ればこうなります。
 
突然の予期せぬ展開に何処まで対応出来るかどうかでしょうか
 
ダーウィンの進化論にこうあります。
 
「唯一、生き残るには、最も強い者でも、最も賢い者でもない、最も素早く変化に対応出来る者である」
 
敵の攻撃ながら非常にいい教訓となりました。
 
変化に対応出来るプレイヤーになろうと誓った今日この頃です。
 
少し長くなりましたので
 
明日に続く!